大阪北新地でリーズナブルでお一人様でも安心なスナック
和食のだし体験講座(ランチ付き)

2019年10月7日

モンゴルへ2度目の旅 ●遊牧民のゲルでカルピスの素の馬入酒をいただく

モンゴル遊牧民の馬入酒
いきなり、馬入酒から登場
味は、カルピスの原液に近い酸味
3月にモンゴルを訪れて観光用ゲルに宿泊したが、今回は実際に生活されているゲルを訪問なんと37名が座って話を聞けるという外からは、そんなに多くの人数が入れるとは思わない為にビックリ
馬入酒飲むところ
入口から入って突き当りの奥に神聖な場所が有り、その場所に、チーズや穀物等を備える真ん中にストーブが有り、なんと、石炭では無く、家畜の糞を乾燥させたものを使う
ゲルの天井
雨が降ると閉める ゲルを覆っているのは羊の毛を叩いて一度水に濡らし・乾燥させたものを、固くさせるために、ロープで巻いて馬が草原を引っ張ることでカチカチになるが
重さは軽く、風も通さないフェルトを作る
その暖かい部屋の中で、カルピスの素となった、馬入酒を初体験
モンゴル遊牧民族のお母さんが馬入酒を振る舞う
チーズが一番奥の神聖な場所に近いところに置いてあった
牛、ヤギ・ヤクからのチーズ写真
ひとつまみ!パサパサ〜チーズというか、あっさりとしたミルクの粉の塊で酸っぱくて、脆い物でした。
明日に続きます。