大阪北新地リーズナブルお一人様でも安心な
スナックバー 和食のだし オーガニックパーティ料理

想い出

北新地の華やぎも少なく昔懐かしのクリパ券



一昔前、イヤ、ふた昔前かな??
クラブやラウンジの
クリパのチケットを
働いてるホステスさんは捌かなければいけないというノルマがあった時代
この単価のチケットを安い❗️と言って
10枚持っておられた客人が居た
懐かしい
飲み放題って何が飲めるのだろう、、、、
オードブルって何が出るのだろう、、、、
そんな事を考えながら
『どうされるのですか?
10回行かれるのですか?』
『そんな、アホな!
みんなにクリスマスプレゼントしてあげるんやわ〜』と
きっと、
お気に入りのホステスさんのノルマに貢献してあげたのだと❣️
まぁ、余裕のある時代
殿方が殿方らしく、ええ格好して
家帰ったら、アンタアホちゃう?
それも、言われないか😅
昔みたいに接待で、
あちらこちらのお店を連れ回されることも今は無くなり
日本の接待文化と共に
街も様変わり、
継続される店もどの規模で残るのだろうか
世界中の人の流れの文化が変わった2年間
そろそろ、終わってほしい

敵はしぶとい❗️
来年は、きっと
これまでのお客様に
お会いできる年になってほしい

今年はクリスマスの飾り付けも
お節も作らない
私も変わった年にしてみよっかなぁ⁉️

コロナ禍で消えたイベント ハローウイン



コロナ禍で色々なことができなくなった
旅行 イベント その他色々
2年前の10月の初め頃は
お店の中も
ハロウィン🎃の飾り付けをして
特に何をするでも無いが
何となく街がお祭りの雰囲気になるのを
楽しんでいた
コロナ禍で
見えない業界の仕事も多く消えたのだろう
と・・・
北新地は
今月に入っても静かに営業をしているお店もある

特に何をするでも無いが
何となく街がお祭りの雰囲気になるのを
楽しんでいた


まだまだ、
ゴールドステッカーが追いつかず
閉めている店も多い

先ずは、リモート出勤とやらが
終わらない限り
人では戻らない

徐々に回復するのか
どちらにしても
静かにコロナ禍の北新地は
変わっている

閉店したお店 
オープンするお店
看板だけの中身が抜けたビル

南も同じ

そのビルをたたいて買う 
CH

年末次第で

もっと変わる

ハワイ気分(*´`*)💞



今日は、EPSONのプリンタを教室へ
なんと、高校時代の友人が、お手伝いしてくれました
ありがとうございます⸜(*ˊᵕˋ*)⸝💕✨
ちょっと、お茶でもということで、176沿いの
ハワイアンダイニングカフェ
ラ・オハナ 三国店
お店の雰囲気は
ハワイのイリカイホテルのカラー
音楽とスタッフの雰囲気が醸し出す
大阪なのに、
懐かしいHAWAII
🎼.•*¨*•.¸¸🎶🎼.•*¨*•.¸¸🎶

色々と話をすると
あっという間の2時間 ( ̄▽ ̄;)

今日は、素敵な日になりました(∩´∀`∩)💕

クリスマスプレゼントをいただいた!


2019年もあと1週間を切った
今年はとにかくよく動いた1年
お店は25年前の売上の半分にも届かない やってる意味あるのか?等色々自問自答しながら 続けられるだけ続けてみよう
ケ・セラ・セラ!

毎日変わらずお酒を配達してくれる
酒屋さん おしぼり屋さん カラオケ屋さん 酔っ払いを送ってくれる運転手さん 今年も1年本当にお世話になりました。
昨夜は、運転手さんから
クリスマスプレゼント
こちらがしないといけないのにありがとうございました🎄
今日も、Y’sは19:00から営業
ガンバリマス💪

親分oyabun の肩書の由来は、ひょんなことから


名刺交換したときに
oyabun 親分おやぶんの所に注目?
なんで?なんの?など、
その時々のお客様により反応はまちまちですが
 この名刺も、店がリニュアルオープンした時に、作成してプレゼントで頂きました。
プレオープンの日に初めて渡され、
お礼を伝えたあと、えー(・_・;)〜???
どういう事ですか?
作成してくれたM社長は、
オーナーやママ、イヤそれではなくて〜
色々考えて、これにしたんや!と
ここで学びました!
完成する前に、確認しておけば〜良かった〜と
よくよく、考えたら、その後子分の名刺も作ってみると、
中々お客様からも、注目されて
私の思考には無い
彼なりの素晴らしい肩書を与えてくれたのだと今は、感謝してます。
ありがとうございました😊

Y’ s ワイズのロゴデザイン


ワイズのロゴデザインは、宮垣さんという方が堂山町から北新地に店舗を移転する時に、リニューアルオープン祝にと作成して頂きました。
モノリスという広告会社の社長をされていて、もし会社に依頼していたら、幾らのお値段になっていたかと思うと想像もつきませんが、有り難いことに、プレゼントとして、名刺も、その時の案内状も、お店を永く営業するという事は、出会いも沢山有りますが、別れも沢山経験します。作成して頂いた方は亡くなられましたが、看板とロゴを見る度に、思い出されて、そのお話をします。
明日は、名刺の事を書きたいと思います。