大阪北新地でリーズナブルでお一人様でも安心なスナック
和食のだし体験講座(ランチ付き)

食旅探求士 海外

モンゴルへ2度目の旅 ●遊牧民のゲルでカルピスの素の馬入酒をいただく

モンゴル遊牧民の馬入酒
いきなり、馬入酒から登場
味は、カルピスの原液に近い酸味
3月にモンゴルを訪れて観光用ゲルに宿泊したが、今回は実際に生活されているゲルを訪問なんと37名が座って話を聞けるという外からは、そんなに多くの人数が入れるとは思わない為にビックリ
馬入酒飲むところ
入口から入って突き当りの奥に神聖な場所が有り、その場所に、チーズや穀物等を備える真ん中にストーブが有り、なんと、石炭では無く、家畜の糞を乾燥させたものを使う
ゲルの天井
雨が降ると閉める ゲルを覆っているのは羊の毛を叩いて一度水に濡らし・乾燥させたものを、固くさせるために、ロープで巻いて馬が草原を引っ張ることでカチカチになるが
重さは軽く、風も通さないフェルトを作る
その暖かい部屋の中で、カルピスの素となった、馬入酒を初体験
モンゴル遊牧民族のお母さんが馬入酒を振る舞う
チーズが一番奥の神聖な場所に近いところに置いてあった
牛、ヤギ・ヤクからのチーズ写真
ひとつまみ!パサパサ〜チーズというか、あっさりとしたミルクの粉の塊で酸っぱくて、脆い物でした。
明日に続きます。

シャングリラホテル モンゴル


シャングリラホテル ウランバートルは市内中心部に有り、有名な総督邸やグレートチンギスハーン広場や主要オフィス又外国の大使館から徒歩圏内の立地
チンギスハーン国際空港で出迎えてくれたバスに乗り込み
とても可愛らしい通訳のハナさんによる太陽橋や日本のODAで作られた橋や道路の説明を聞きながら、レストランからだったので15分位で到着。
バスから降りるとマイナス14℃の外気に触れ(*_*)駆け込むように、暖かいホテルの中へチェックインを済ませ、部屋に到着 なんてことでしょう〜(*´∀`*)
これまでの私の旅行でではトップに位置づけたい位の素晴らしい部屋!
(You Tubeに部屋の中アップします)
翌日朝は出発が早い為、ナントも、短いたった、6時間の滞在は勿体ない気がしました。
朝食の時間 あまりにも多くの種類のバイキングに目移り 中華系の朝粥を頂きました。お味噌汁も有りました。
最終日の朝は、又ここで滞在なので、ゆっくりと選んで頂きます。
パンもいっぱい〜果物も〜
さぁ!メインの
ワシ祭り会場で宿泊するゲルへ
楽しみなSTART!

The Spark モンゴル一日目晩ごはん



マイナス 7℃のウランバートル空港から、バスに乗ってモンゴルでの初めての食事です。
The Spark
何が出てくるのか?どんなお店か?期待にワクワクしながら まずはレストランにある建物に到着!
ナント入口真っ暗〜(もしや1時間のフライト遅れで晩ご飯なしか?(^_^;)
違いました、節電のために消えていました。奥には立派なエレベータが有りました。そして14階へ
ナントもお洒落なお店(*^^*)
良かった!
クローゼットに、コートや手荷物を預かって頂き
席へ案内されると、晩餐会の様なテーブルに食事が用意されていました。

モンゴル初のビールを頂き、2時間近く自己紹介や懇親を深めながらとても楽しくて美味しい一日目の晩ご飯となりました。

全て用意して、待って下さってたお店の方、閉店時間を過ぎ本当に遅くまでありがとうございました。